電気・電子・半導体・自動車・光学機器・医療機器向けの精密プレス金型/モールド金型の設計~製作を全国レベルで展開しています。

小さく大きく 標準

生産工程

HOME > 生産工程

金型製作の生産工程
1 金型設計
金型設計経験豊富な当社の設計スタッフが、製品図面にて綿密な仕様打合せを行いお客様の満足のいく金型設計を行います。

2 組図完成
組図完成 金型組図が完成すると検図に入ります。
この時点でハイレベルの金型図面完成です。

3 データ作成
データ作成2、3次元で設計された金型図からCAMオペレーターが工程毎の高精度データを社内LANで高速送信いたします。マシニング加工から電極データまで加工理論の技術を持ったスタッフが担当しております。

4 製作工程
製作工程当社は金型製作をする上において一番重要な熱処理については、安定した最高の熱処理を追及するために材料メーカーと熱処理条件を調整しつつ、社内に4基の真空熱処理を有してサブゼロ処理も含めて高品位の材料に仕上げています。

そして新規の材料についてはテストピースで経年変化の調査も徹底して行います。

このように社内で材料特性を100%引き出してこそ、超精密加工の領域の平面研削加工,冶具研削加工、放電加工などの製作工程で図面規格をクリアした高精度の金型部品が安定的に生産されてくるわけです。金型製作のプロは熱処理でもプロでなければならないわけです。

5 金型組立て
金型組立て熟練金型仕上げ担当者が寸分の狂いも無く、見事なまでに精密金型を組み上げていきます。
そして、妥協を許さない職人気質で納得のいくまで微調整をいたします。

6 トライ(仕打ち)
トライ(仕打ち)完成した金型のトライを行います。
仕上げ担当者が一番緊張し、そして感激する瞬間です。(打ち抜き金型はプレス機/プラスチック金型は成形機)

7 製品測定
製品測定トライをしたサンプルの検定(測定)を高精度の測定器で行います。
数ミクロンの交差ハズレでも再調整をして納得のいく状態で出荷いたします。そして、お客様に検定データの合否連絡をいたします。

8 金型出荷
金型出荷完成した金型は、一刻も早くお客様に発送いたします。
精密部品製作の生産工程
1 データ作成
データ作成お客様より頂いた、図面、2次元データ、3次元データより当社の加工データに変換いたします。
図面不具合、矛盾点などのチェックも含めたお問い合わせは、好評をいただいております。

★受取可能なデータ
・2次元データ(DXF/DWG/PLS など)
・3次元データ(PRT/パラソリッド各種/STL/IGES/STEP/CATIA/PROE など)
この他殆どのデータ受け取りが可能です。

2 製作工程
製作工程各工程にNCデータが送信されて、加工スタートいたします。 熱処理を含め全てが社内製作のために、短納期での製作が可能です。
★各種コーティング、各種メッキ処理などは外部委託

3 製品測定
製品測定完成した商品の測定で不具合があれば、修正などの対策を施します。
★各工程での当社精度保障体制のため、この時点での不具合は殆どありません。

4 出荷
出荷当社で品質保障された商品がお客様に発送されます。